うつ病の治療には、休養やカウンセリング、薬物療法などがありますが、ここでは、治療に関するいろいろな症状や治療方法などについてお伝えしていきます。皆さんの症状が少しでも和らぐように役に立てたらと思います。

うつ病の前兆の状態

うつ病になると趣味や好きなことが楽しめなくなる

うつ病の前兆の状態には個人差がありますが、趣味や好きなことが楽しめなくなったり、日常生活の様々な場面で意欲がなくなったりした場合は注意が必要です。また、うつ病の症状の中には、不眠や体の疲れ、だるさ…

うつ病になると良いことが起きても幸福感を味わえない

うつ病になっても、人前で笑顔を作ることは可能です。しかし、その笑顔は無理して作られたものです。例えば、大勢で喜ぶシーンがあったときに本人も笑っていると、この人も嬉しいのだろうと思うでしょう。けれど…

うつ病の治療

うつ病の治療には薬物療法や精神療法などがありますが、ここでは具体的な休養の取り方や薬物療法、カウンセリングの方法などを紹介したいと思います。病気で悩んでいる人が少しでも楽になれるよう参考になれば幸いです。

十分な休養で治療する

カウンセリング(心理療法)で治療する

抗うつ薬で治療する

うつ病になると何をしても憂うつな気分になる

趣味に集中出来ない、虚無感を覚えるといった症状に要注意

うつ病にはいくつかの前兆があります。その一つとして挙げられるのが虚無感です。うつ病になると、何をしても楽しい気持ちにならず憂うつな気分になります。大好きなテレビゲームで遊んでいるのに、なぜか空しい気持ちを強く感じてしまい、プレイ途中にもかかわらず辞めてしまう、これもまたうつ病の前兆かもしれません。 学生時代からコツコツと続けてきた読書や映画鑑賞、こういった文化的な活動に対して、なぜ自分は非生産的な行為にお金や時間を費やしているのか等と、急に自責の念が強く溢れてきた時も要注意です。もちろん仕事に支障を来たす程、趣味に時間や体力を使った後であれば虚無感を覚えるのも仕方ない事ですが、今まで通り自然にゲームや読書をしているのに全く楽しく感じない、そう感じた場合は精神が知らず知らずのうちに摩耗しているサインです。

漠然とした空しさや不安感もまたサインの一つです

特に不自由なくライフスタイルを営めているのに、なぜか自分の将来に対して漠然とした不安感が募っている、これもまたうつ症状のサインかもしれません。まったく心当たりがないけれど、誰かに迷惑をかけてしまっているのではないか、自分の行為が社会では全く役立っていないのでは、家族や同僚から実は厄介者だと思われているのでは等、こういった悪い想像が膨らみ過ぎている場合も要注意です。 また仕事や勉強が順調、むしろ人生で最も良い成果を出しているにもかかわらず、心が喜びを感じず、なぜか虚無感や不安感に苛まれている、このような場合もメンタルケアが必要です。長年続けていた趣味や日課のスポーツが、急に楽しくなくなった、無価値な行為だと感じるようになった、このような心境に至った時点で専門家のアドバイスを受けておきたいところです。